このページの先頭です

元気な赤ちゃんと会うために。すぐに始めよう!葉酸サプリ 

294views

投稿日:

赤ちゃんと葉酸の大切な関係

『妊娠したら葉酸』。今、お腹の中に赤ちゃんを授かったママ達の合言葉ですね。でも、なぜ妊娠に葉酸が必要なのかご存知ですか?葉酸の力を知るとびっくりしますよ。まずは、葉酸がどんなものなのか?から始めますね。

葉酸ってなに?

葉酸は、水溶性ビタミンB群の一種です。名前のとおり、ほうれん草の葉から発見されました。ほうれん草は体にいいからと子供の頃から食べさせられていましたよね。やっぱりほうれん草はすごいです。体の中にある葉酸は、細胞を作るときに必要な核酸を合成するという大きな働きがあります。

核酸というのは、DNAとRNAのことで細胞の核の中にあって、「親から子へ」「細胞から細胞へ」と遺伝子情報を担う生命の根源物質です。核酸が合成できなければ細胞はできません。葉酸が不足すれば核酸が作れなくなります。ゆえに、赤ちゃんの新しい細胞が作られる妊娠期に葉酸は必要不可欠な栄養素なのです。

葉酸はなぜ必要?

2002年度から母子健康手帳に「妊産婦の葉酸摂取に関する記載」が追加されました。それほど、葉酸は妊娠と深く関わる栄養素なのです。そして、厚生省と産婦人科が葉酸の摂取を勧める理由は、妊娠初期までに必要量の葉酸を摂取することで、神経管閉鎖障害の発症リスクを減らせるというものです。

神経管閉鎖障害とは、赤ちゃんの神経管が作られる妊娠初期45週頃起こる先天性異常で「二分脊椎症」と「無脳症」です。その先天性異常のリスクを70%減らせる効果があるとされています。

葉酸不足が赤ちゃんに与える影響

前に説明したとおり、葉酸が足らないと核酸が作れなくなり、新しく細胞分裂ができなくなります。胎児の細胞分裂が盛んな妊娠初期(妊娠415週)に葉酸が不足することにより、先天性疾患を招く恐れがあるのです。赤ちゃんは自分で栄養を摂れません。

すべてお腹の中でママの胎盤を通して栄養をもらい成長します。ママの摂る栄養素が赤ちゃんの摂れる栄養素のすべてなのです。赤ちゃんがお腹の中で健康にすくすく育つようにママは頑張って必要な栄養素をいっぱい摂りましょうね。

葉酸を摂取する時期と方法

なぜ葉酸が妊娠中に必要なのか分かっていただけたと思います。次は、その葉酸をいつどのように摂取したらいいのか書いておこうと思います。

葉酸はいつからいつまで必要?

葉酸の摂取はできるだけ早いうちに始めましょう。妊娠に気づくのはふつう妊娠2か月を過ぎてからですが、もうその頃には赤ちゃんの大事な器官の発達はどんどん進んでいます。ベビ待ちの方や妊活中の方も積極的に始めましょう。厚生省は妊娠中期・後期も母体の健康のために葉酸摂取を勧めています。

そして、授乳期の葉酸は、赤ちゃんの発育に影響するとされています。母乳は、血液をもとに作られ葉酸は血液の素になるからです。さらに、第2子を計画中の方は、量を調節しながら飲み続けましょう。

葉酸の摂取方法

厚生省が推奨する1400μgは、1日ほうれん草200g1束)です。料理すると水や火で半分の葉酸が死滅するので、毎日2束食べないといけません。そして、ほうれん草のアクには尿路結石になる確率が高くなるシュウ酸が含まれます。ほうれん草を大量に食べるのは良くないです。それに、葉酸は毎日補給しないといけないので、簡単に摂取できるサプリメントが推奨されています。

葉酸サプリの注意すること

「たくさん摂ったほうが赤ちゃんのためにいいよね。」と思いがちですが、そうではありません。食事で摂る葉酸は、どんなにたくさん摂っても過剰分は尿などで外に排出されるので心配いりません。だけど、サプリを飲み過ぎると過剰摂取になり副作用が心配されます。

妊娠中、過剰摂取のリスクは高いので、絶対に400μgを超えるサプリを飲んではいけません。今、たくさんの葉酸サプリが市販されていますよね。いざ選ぶのも大変。選び方は、『妊娠中でも安心。天然無添加』とか口コミや評価などをみて評価の高い安全性のあるものを選んでくださいね。

ベビ待ちの方も妊活中の方もいつ妊娠してもいいように積極的に摂ってください。でも、サプリによる過剰摂取にはくれぐれも気をつけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です