このページの先頭です

妊娠中は便秘薬の服用に注意が必要!自然な便秘対策方法

230views

投稿日:

便秘解消に便秘薬を使うのは最終手段

女性は妊娠することによって様々な変化が体に訪れるものです。妊娠したばかりの妊娠初期の段階であればまだお腹は大きくなっていないので、表向きはなにも変化がないように見えますが、女性ホルモンは妊娠したことによって大きな変化を迎えているので、それによって精神的にも肉体的にも参ってしまうことがあるものです。

妊娠したのを機に好きだった食べ物が嫌いになったり、少しのことでイライラするようになったり寂しさを感じたり、また疲れやすくなることもあるでしょう。そして多くの妊婦さんを悩ませることになるのが便秘です。

運動好きで規則正しい食事をし、今まで便秘をしたことがなかったような女性であっても、妊娠初期は流産の危険を考えて運動を制限するようになったり、つわりの影響で食べる量が減り、便秘になってしまうこともあるのです。

そういった時、無理にいきむことによって出血したり流産してしまわないかを心配するような人も多いので、無理に便秘を解消させるのではなく、水分を多く取ったり軽いストレッチなどの自然な方法で便秘解消させるようにしましょう。

それでも便秘が続くようであれば便秘薬を使うのも良いですが、便秘薬を使って便秘解消することによって、下痢と便秘を繰り返すようになる危険性もあるので注意が必要です。ですから便秘薬を使うにしても作用が弱いものにしたり、産婦人科で安全に使えるものを選ぶようにしましょう。

薬によって便秘解消させることで腸も弱くなりますし、お腹に宿っている胎児への悪影響も考えられるので、妊娠中は特に便秘薬の服用は気をつけるようにすると良いでしょう。また、妊娠初期だけでなくベビ待ち中も服用は注意しましょう。

便秘薬に頼らない生活とは

妊娠を機に便秘になってしまう人というのは多いですが、もともと便秘がちで、妊娠してからさらに酷い便秘になってしまう人というのもいるものです。ですからベビ待ち中であれば血の巡りを良くしたり冷え性予防にもなる漢方を使うのも良いですし、葉酸サプリなどで体に必要な栄養素を補うようにもしましょう。

野菜好きで野菜をとてもたくさん食べているような人であれば良いですが、大抵嫌いな野菜というのは誰にでもあるものですし、無意識のうちに偏りが多くなっているようなこともあるものです。ですから栄養を補うという意味でも葉酸サプリは効果的です。

妊娠してから急にサプリ生活を続けるよりも、妊娠前からサプリ生活をしていたほうが自然に続けやすいので、自分の体質に不安があるような時は体質改善も含めてサプリを活用していくと良いでしょう。ですが葉酸サプリも普通の美容サプリや健康サプリと同じように食事の代わりになるようなものではありません。

ですから食事代わりとしての摂取はおすすめできないものです。バランス良い食事と、補助として使えるサプリの選び方を選んで使っていきましょう。また、便秘薬を使用した後というのは胃が弱っていることがほとんどなので、胃を休めることが先決です。

サプリを飲むにしても冷たい水では弱った胃にさらに刺激を与えてしまうことになるので、ぬるま湯で胃に刺激を与えないように飲むようにもしましょう。妊娠していない時よりも妊娠中のほうが体調が気になりますし、いつもと違う変化があれば心配にもなるでしょう。

便秘が原因で出血したとしても、妊娠中や妊娠の可能性がある時であれば、便秘によるものなのか妊娠中の異常なのかもわからないことが多いので、念のため産婦人科を受診したほうが良いでしょう。不正出血であっても、適切な対処を取ってもらえることで解決できる場合も多いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です