このページの先頭です

妊娠中やベビ待ちの方必見!葉酸の必要性と葉酸サプリについて

342views

投稿日:

妊娠中やベビ待ちの方には葉酸(葉酸サプリ)が必要

ベビ待ちの方に葉酸が必要な理由

妊娠中はもちろん、ベビ待ちの方も葉酸をしっかりと摂ることは大切になります。それは、健康的な赤ちゃんを産むためや子供を授かるためです。葉酸は妊娠しやすくする効果が期待できる栄養素で、受精卵の着床を手助けする働きがあるといわれています。

妊娠するために受精卵が着床することは必要なことで、受精しても着床しないと妊娠に至りません。そのため、ベビ待ちの方も葉酸をしっかり摂ることが大切になります。

妊娠中に葉酸が必要な理由

女性は妊娠をすると、胎児を健やかにお腹の中で成長させるための体を作ります。それは、胎児と自分を守ることになり、そうするためには様々な栄養素が必要になります。その中でも葉酸は特に必要な栄養素であり、妊娠中は妊娠していない人の2倍ほどの葉酸が必要だといわれています。

妊娠中の女性の体調は胎児の健康を左右します。つまり、胎児をお腹の中で健やかに育てるには、妊娠中の女性が健康を維持する必要があるのです。そして、胎児と母体の健康を維持するには葉酸が必要になるわけです。

葉酸サプリのすすめ

葉酸は、たたみいわし・焼きのり・納豆・うなぎの肝・レバーペーストなどに多く含まれていますが、食べ物から摂る葉酸は体に吸収されにくいといわれています。また、葉酸は熱に弱く水に溶けやすい性質を持っており、火や水を使用する調理をすると葉酸の成分は失われてしまいます。

そのため、調理の仕方によっては体に30%50%しか吸収することができません。では、「葉酸を効率的に摂るにはどうすれば良いのか?」ということになります。それは、サプリメントを利用することです。

葉酸サプリを利用することにより、簡単手軽に葉酸を摂ることが可能となります。葉酸が足りなくなると、胎児や母体の健康を害する確率が上がってしまいます。葉酸を適量摂ることによる健康リスクが減ることは研究でも明らかになっています。

葉酸サプリの摂取時期や選び方について

葉酸サプリの摂取時期について

葉酸サプリには健康効果があるため、妊娠をしていない状態で飲んでも問題ありません。それどころか、ベビ待ちの方にも葉酸サプリは飲んでほしいものになります。それは、葉酸サプリには妊娠をしやすくする効果が期待できるためです。そのため、妊娠をする前から葉酸サプリを摂ることをオススメします。

葉酸サプリは妊娠初期に摂ると胎児の健康を害する確率が減るといわれています。その妊娠初期は一般的に妊娠415週といわれていますが、妊娠46週に葉酸サプリを摂るのが特に効果的となります。ですが、妊娠6週を過ぎてから赤ちゃんができていることに気づく場合もあります。

そのため、妊活をしている時から葉酸サプリを摂っておくと良いでしょう。そうすることによって、妊娠46週にも葉酸をしっかり摂ることが可能となります。では、「いつまで葉酸サプリを摂ったらいいの?」ということになりますが、それは「赤ちゃんを産むまでは摂ったほうが良い」ということになります。

妊娠初期である15週まで葉酸サプリを摂ることは特に大切なことですが、胎児や母体の健康を考えると、妊娠中期や妊娠後期にも摂ることが大切になります。

葉酸サプリの選び方

葉酸サプリは、胎児や母体の健康を考えると、信頼性が高く高品質なものを選ぶことが大切になります。そのため信頼のできるメーカーのものや、安全な原料を使っているものを選びましょう。また、葉酸がしっかり摂れるくらい含まれていることも大切になります。

厚生労働省からは、妊娠している女性はサプリメントのような栄養補助食品から1400μg摂ることを推奨しています。そのため、葉酸がしっかり含まれているものを選ぶと良いでしょう。ですが、過剰摂取には注意してください。ちなみ、1日の葉酸摂取量の上限は1000μgとなっています。

その他の葉酸サプリを選び方は、ビタミン類や鉄分やカルシウムなど他の栄養素が含まれているものを選ぶことです。それは、葉酸以外にもそれらの栄養が必要なためです。これらのことから、オススメしたいサプリメントは「ベルタ葉酸サプリ」になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です