このページの先頭です

妊娠中も更年期も葉酸サプリで健康と美容とストレス解消

233views

投稿日:

葉酸って一体何?どんな働きがあるの?

葉酸は女性にとってものすごく大切な栄養素です。中でも妊娠中の女性にとっては胎児の成長に不可欠な栄養です。葉酸は血液の中の赤血球が巨大になることで起こる、巨赤芽球性貧血という病気を予防します。鉄分は赤血球の材料になりますが、鉄分だけでは正しい働きをすることができず、鉄分にビタミンB12と葉酸がバランスよく働くことで、正常な赤血球になります。

さらに葉酸はDNAの成分となる核酸が作られる時に働きます。正しい遺伝情報をもつDNAをもとに、細胞が再生される胎児にとっては、必要不可欠な栄養素になります。また、細胞の再生が活発な胃や腸、口の粘膜を作る時にも必要となってきます。

人間はホモシステインというアミノ酸が血液中に増えると、動脈硬化を起こしやすくなります。葉酸はビタミンB12とともに、このホモシステインを他のアミノ酸に変えて、動脈硬化を予防する効果もあります。不足すると大腸がんや子宮頸がん、心臓病のリスクが高くなると言われています。

妊娠中不足すると貧血や胎児の神経管閉鎖障害という障害を起こしてしまうことがあります。その神経管閉鎖障害が妊婦さんにとっては、とても怖い病気になります。

葉酸サプリメントの選び方

そんな葉酸ですが、私たち成人は一日200μg以上、妊婦さんは400μgが必要です。葉酸がたくさん入っていると言われている「ほうれん草」でも、普通に食べると1食当たり80μgしか摂ることができません。一日に必要な分のわずか1/3です。他にもレバーや小松菜、納豆、レバー、焼きのり、枝豆に多くむくまれていますが、ジャンクフードや菓子パン生活で摂ることは難しい栄養素です。

おにぎりを食べて、焼きのりから「葉酸」を摂取しているから大丈夫と思っている人、焼きのりは一枚当たり1g~2g。100g当たりの葉酸は1,900μgですが実際に口にしているのは、20μgくらいです。海苔巻きおにぎりを3つ食べても60μgくらいにしかなりません。では、おにぎりを一日10個、食べられますか?妊婦さんなら塩分や糖質を摂りすぎで、大変なことになってしまいます。

普通の食生活で葉酸を摂るのは大変ということです。そこで、食生活では充分に葉酸の効果を得られない人には葉酸サプリメントとなります。食生活では得られない葉酸や他の栄養を取るためのサプリメントの選び方がわからないと迷っている人は、ドラッグストアで常駐の薬剤師さんに相談してみましょう。

特に妊娠初期やアレルギーを持っている人は、作っているメーカーや含まれている成分によって、自分の体に合わないものもあります。赤ちゃんを守るためのものが、逆効果になってしまっては意味がありません。妊活中(ベビ待ち)の人も同じです。葉酸が必要なのは妊娠初期の約45週間。次の月経が来るか来ないかと言った時期で、妊娠していることに気づかない人もいます。

「ベビ待ちです!赤ちゃんが欲しい」と思ったら、安全な葉酸サプリメントを選んでください。妊娠中や妊活中の若い女性は、オーガニックや自然素材を使ったものを選びましょう。葉酸だけでなく、他のビタミンや鉄分、酵素などが含まれているものもあります。乳酸菌が入っているサプリメントでは、妊婦さんに多い便秘予防という効果も。

妊活は娘やお嫁さんという年齢になったお母さん世代の人にも葉酸は必要です。女性のホルモンバランスが崩れるのは妊娠中と出産後、そして更年期の時期です。この時期は月経が徐々になくなり、それに合わせて様々な体調不良が起こります。頭痛や肩コリ、胃腸障害、不眠、抜け毛や肥満も更年期障害の一つです。

そして葉酸は動脈硬化の予防もありますので、この年齢の人にも葉酸のサプリメントは色々な効能があります。葉酸は細胞を再生する働きがありますので、全身の細胞の働きが悪くなり、白髪や抜け毛、シミに悩む5060代女性にとっては、美容効果も期待できます。

この年齢の選び方は、マルチビタミンを配合した葉酸サプリメントが最も効果的です。しかし、葉酸の場合摂りすぎると、「葉酸過敏症」を引き起こし、かゆみや湿疹、発熱、呼吸困難になる人もいます。サプリメントの摂りすぎはダメですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です